オーダーシャツ・オーダーワイシャツ「ザ・シャツ」

こだわりが生む至高のオーダーシャツ
当店のシャツへのこだわり

シャツへのこだわり

当社では、創業以来一貫して最良のモノ作りに努めてまいりました。コスト削減を追及し大量生産されたモノがあふれる現在においても、あえて手間隙のかかる工程を数多く残すことにより、お客様に本物のシャツをご提供いたしております。また縫製仕様だけでなく、シャツに使用される副資材も産地に直接発注し、例えば釦などは釦の裏側にも丸みを付け、掛け易く割れにくいこだわりのオリジナル釦を使用しております。もちろんご要望により、本物の貝から削りだした高瀬貝・黒蝶貝等もご用意いたしております。ぜひ一度当社の見える部分から隠れた部分までこだわった本物のシャツをオーダーしてみませんか?

衿作りの作業風景

画像(180x135)・拡大画像(600x450)

当社独自の加工を施し衿羽根の浮かない工夫がされています。シャツの命と言える型くずれのしない衿を作るために、ベテラン職人がひとつひとつ丁寧に作業しています。

裁断の作業風景

画像(180x135)・拡大画像(600x450)

一着分のシャツ生地をお客様の寸法に切る作業です。シャツ生地にハサミが入ると、いよいよ形が見えてきます。まさに生地に息吹をかけるワンシーンです。

芯地の裁断風景

画像(180x135)・拡大画像(600x450)

衿・カフスなどに使用される芯を機械により裁断(カット)します。非常に精度が要求される箇所で、大型機械による作業工程です。

手作りの良さを大切にして

画像(180x135)・拡大画像(600x450)

表生地と芯はミシン目だけで固定するため、一時固定の作業が必要です。昨今は芯の開発によってこの作業はほとんどの工場で簡素化されましたが、当社では昔ながらの手作りの良さをそのまま残してあります。

画像(58x58)

zzzz


細部へのこだわり

画像(180x135)・拡大画像(600x450)
衿羽根(Collar)
ワイシャツなどの衿で折り返された部分を指します。着用した時に一番目立つ場所でシャツの命ともいえる部分です。当社独自の加工を施し衿羽根の浮かない工夫がされています。
画像(180x135)・拡大画像(600x450)
衿台(Neck band)
身頃の衿ぐりに帯状の布が付き、その上に折り返し(衿羽根)がある衿の帯状の部分を言います。また、台衿・衿腰・ネックバンドなどとも言います。シャツの気ごこちを一番左右する部分で製造工程で一番気を使う部分です。
画像(180x135)・拡大画像(600x450)
キーパー(Keeper)
標準仕様では補強芯にキーパーを縫い込んであり、衿先がきれいな形を長く維持することが可能です。ご要望によりキーパー差込式も可能ですが、クリーニングされるときはキーパーをはずしていただくことを前提とした仕様ですのでご注意ください。(※綿100%素材のみ選択可)
衿(collar)
語源はラテン語で「collum=首」古フランス語で「colier=首飾り」といわれています。原型はスタンドカラーで、さらに台衿の上に短い布をつけてアゴあたりまで覆うようにしたウイングカラー、その覆いを後に折り返して用いるようにしたのが現在の衿となったようです。衿の発生は衣類の縁が擦り切れやすいので保護のために二重にしたことに始まりますが、寒さを感じやすい首筋の防寒のために覆いとして発達したものと言われています。また日本語の「えり」の語源は「へり(縁)」の頭音(h)が落ちて「えり」になったとされます。 本来、常用漢字では「襟」が正しいのですが、当ホームページでは衿羽根と衿台を含めて「衿」と表記しています。衿の長さ・開き具合・衿の高さなど様々なデザインがありシャツの命とも言えるとても重要な部分です。
画像(180x135)・拡大画像(600x450)
肩ヨーク(Shoulder york)
シャツの横の切り替え布または横の切り替え線を言います。 シャツを体に沿わしたり、動きやすくするために肩に切り替えをつけています。同時にヨーク下端にタック・プリーツをつける事によってさらに動きやすくなります。
画像(180x135)・拡大画像(600x450)
身頃(Body part)
体の首から胴(腰)辺りまでの部分を覆うシャツの部分を言います。前部分を「前身頃」後部分を「後身頃」と言い、この身頃の絞り具合によって"タイトシルエット"か"ルーズシルエット"かが決まります。
画像(180x135)・拡大画像(600x450)
袖(Sleeve)
肩から両腕の先までを包む部分を指します。「そで」は「衣の手の部分」の意味で「衣手(そで)」から由来し、或いは舞台の両脇のせり出した部分と言う意味もあります。袖の下端には肩ヨーク同様タックが袖の太さに応じて一本或いは二本付きます。
カフス(cuffs)
カフスは一重の「シングルカフス」と二重になった「ダブルカフス」があります。シングルカフスは形状から「バレルカフス」、ダブルカフスはフランスの若者が気取って腕まくりしたということから「フレンチカフス」 またはフランスは英米から見て欧州大陸にあるため「コンチネンタルカフス」などとも言います。コンバーチブルカフスといわれる釦留めとカフス釦留めの兼用カフスは文献を紐解いても見かけられませんが、ダブルカフスでは不可能な多種多彩な形状が楽しめるのがコンバーチブルカフスの良いところです。
画像(180x135)・拡大画像(600x450)
カフス(Cuffs)
袖口の補強のため袖先を細く絞ったりする為に生地を切り替えたものを指します。単体では「カフ cuff」が正しいのですが、両袖に必ずつけられる為複数形で呼ばれます。衿と同様に芯地が補強の為縫い込んであります。
画像(180x135)・拡大画像(600x450)
ネーム刺繍(Name embroidery/Monogram)
カフスや衿にネーム刺繍を入れる場合は、工程の途中で画像のように表地に芯地を一時固定した状態で刺繍を施します。これにより完成品では裏側に刺繍跡が残りません。
画像(180x135)・拡大画像(600x450)
剣ボロ(Gantlet)
ワイシャツの着脱に便利なようにカフスの付いた袖先に切り込みを入れた部分に、補強のために付いた別布を剣ボロと言います。腕まくりをするときに長さが適切でないとうまくいきません。カフスの巾と腕の長さにあった開き具合がとても重要です。
ポケット(Pocket)
中世初期までの王や貴族は、毒殺や刺殺を避けるため家臣にポケットのある衣服を禁止していました。そのためかシャツの原型はポケットがないのが普通とされていました。現在では、ワイシャツのポケットはタバコや携帯電話など様々な用途に使用されます。見た目のデザインも多種多彩ですが、機能的にも重要な部分となりつつあります。
画像(180x135)・拡大画像(600x450)
本巻き縫いと補強布
地縫い(前身頃と後身頃を縫い合わせる工程)と 三巻き縫い(縫い合わせた生地の端処理技術)という本巻き縫い工程。さらに裾処理は共布にての補強布が付き、外観は表からは一本の縫い目、裏は二本の縫い目が美しく仕上がっています。 ※綿100%の商品の標準縫製仕様です。

ページのトップへ ページのトップへ

OZEKI SHIRTS Online.インターネットでオーダーシャツのご注文ができます
The Shirts BLOG
店内イメージ
工場直売店舗のご紹介
アトリエOZEKI
〒461-0011 愛知県名古屋市
東区白壁2-22-2[MAP]
TEL :052-951-1833
FAX:052-951-1842

営業時間:午前10時〜午後4時
定休日 :日曜・祝日
ご利用可能カード

[Login]

copyright (c) 2008 The Shirts. All Right Reserved.

powered by a-blog

RSS1.0